ほうきをアレンジして、インテリアのアクセントに。

こんにちは、塩熊商店のitoです。

ほうき70のコピー

仕入れたほうきの一本の柄が
割れちゃってました。

ほうき316のコピー


天然の竹なので、仕方ないのです・・・。

でも、お客様に販売するわけにもいかにので、
塩熊でリペアして、使用することにしました。


穴をパテで埋めるのですが
いきなりパテ処理をするといくらでもパテが穴に入っていっちゃうので
割れ物なんかを包んでいる柔らかいビニール(?)で埋めます。


ほうき_0317のコピー

ビニールを詰めてから、パテ ↓ 埋めします。

ほうき 1のコピー

二層になっているので、
カッターで必要量を切って練って使用します。

練ってしまうと10分ほどで固まるので、
急いで詰めていきます。

ほうき0320のコピー


いつものように、塗装の密着をよくするようにミッチャクロン を吹きかけて
塩熊のドアの色と同じ色にペンキ屋さんに特別に調色してもらった
通称「塩熊レッド」(笑)を塗ります。

(ペンキは色サンプルを頂ければ、ほとんどの色を
 オリジナルでお作りで来ます。
 つや消し、つや有りなども選択できます)


houki_0371のコピー  


できあがりです♪


ほうき70 のコピー


竹の状態もナチュラルでよかったですが、
これはこれで赤がインテリアのアクセントになっていい感じです♪


ツヤ消しのペンキなのでインテリアにもなじみました♪


( お外用 シュロほうき  ¥494 )


↓こちらに参加しています。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
にほんブログ村     にほんブログ村





Trackback

Trackback URL
http://shiokuma21.blog69.fc2.com/tb.php/84-443e54bc

Comment

Comment Form
公開設定

しおくま商店

慶長5年(1600年)創業。
枚方のくらわんか茶碗、
レトロな雰囲気の雑貨、
また店名の由来にもなった
おいしいお塩も扱っております。

573-0051
大阪府枚方市三矢町3-21
tel 072-844-0301
fax 072-844-0389
E-mail shiokuma@skyblue.ocn.ne.jp
日・祝休み 土曜日不定休
第二日曜日 五六市の日はオープン
プロフィール

しおくま  いと

Author:しおくま いと
しおくま商店の“いと”です。
HNは大阪では商家の長女を「いと」と
呼ぶことが由来です。

↓塩熊のFacebookページ
しおくま商店

Facebookページも宣伝
アクセスマップ
塩熊商店%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.814470,135.642114+(%E5%A1%A9%E7%86%8A%E5%95%86%E5%BA%97)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%34.814470%%135.642114%%14
枚方市駅と枚方公園駅の中間です。
こちらに参加しています。
↑ をクリックして頂けると
このブログにポイントが入り、
他の↑の関連のブログが
ご覧になれます。
よろしければ、クリックお願いします。
(1日、1クリックのみ有効です。)

最新記事
最新コメント
カテゴリー
日々是製作
刀 (2)
リンク
塩熊商店へのご連絡
メールはこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる