愛之助さんを見てきました。

こんにちは、しおくま商店の“いと”です。

歌舞伎 愛之助 2013-10

愛之助さんを見に松竹座に行ってきました♪

運よく知り合いの方からチケットを譲って頂くことが出来ました。
「歌舞伎好きなんです!」と周りに言っておくものです(笑)

本当にありがとうございました。

行けたのは、夜の演目「夏祭浪速鏡」。

簡単に言ってしまうと、義侠心に溢れた男が悪い舅を殺してしまう話。

殺しの「泥場」という場面が有名でよく上演されるそうですが、
今回は1幕からの通しなので
話の流れや登場人物の性格がよく分かり
何故舅を殺してしますのかが理解できます。

この舞台で一番印象に残ったのは、愛之助さんのふくらはぎ!!
すっごい筋肉だったんです!!

いやあ、鍛えてらっしゃいますね!

フンドシ一丁になるシーンがありまして、
上は刺青の付いた肉襦袢、太ももから下はそのまま。

上半身も肉襦袢なのでラインはよく見えまして、たるんでる感じはしません。
40歳を超えてはるとは思えないです。

1階席の前のほうの方はよく見えただろうなあ、とちょっと羨ましい(笑)
って、何に注目してるんでしょうか(苦笑)

市川猿弥さんも一場面出てらっしゃいました。
やはり、お上手ですね~。
前回の「新・水滸伝」の時とは違った小悪党役で、嫌みったらしくそれでいて茶目っ気があって、
猿弥カラー満載でした。

猿弥さんの場合、大向こうさんの掛け声が
屋号の「澤瀉屋 おもだかや」ではなく、「えんや!」だったのが不思議でした。

愛之助さんに「松嶋屋!」と声はかかっても、「愛之助!」とは声をかけないのにね。
なんとなく、猿弥さんの親しみやすいキャラ故かなあと思いました。
(愛之助さんが親しみ難いという意味ではありません!)

このお話は江戸時代に大阪の気風を研究して作られたお話で、
それによると大阪は
「理非を正して男を立てる気持ち」「男を磨く気質」なんだそうです。
(パンフレットより)

大阪というと商売っ気があり、「金・金・金」のように現代では描かれますが、
江戸時代は上記のようないい男な感じだったのですね。

女もかっこよく描かれており、
ある女が自分の顔が綺麗な為に信用してもらえないので、
自ら顔に火傷を作ってしまいます。

「そんなことをして(あなたの)旦那に申し訳がない」と他の人が言うと、
その女は自分の顔を指し「こちの人が好くのはここやない」、
「ここでござんす!」と胸を叩くのです。

かっこいい~!
まあ、元が美人さんなので成り立つセリフですね。


やはり歌舞伎って面白いですね!

↓こちらに参加しています。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ    
↑ をクリックして頂けると、このブログにポイントが入り、 ブログ村の他のブログがご覧になれます。
よろしければ、クリックお願いします。
(1日、1クリックのみ有効です。どちらをクリックして頂いても、効果は同じです。)

Trackback

Trackback URL
http://shiokuma21.blog69.fc2.com/tb.php/501-246cb065

Comment

Comment Form
公開設定

しおくま商店

慶長5年(1600年)創業。
枚方のくらわんか茶碗、
レトロな雰囲気の雑貨、
また店名の由来にもなった
おいしいお塩も扱っております。

573-0051
大阪府枚方市三矢町3-21
tel 072-844-0301
fax 072-844-0389
E-mail shiokuma@skyblue.ocn.ne.jp
日・祝休み 土曜日不定休
第二日曜日 五六市の日はオープン
プロフィール

しおくま  いと

Author:しおくま いと
しおくま商店の“いと”です。
HNは大阪では商家の長女を「いと」と
呼ぶことが由来です。

↓塩熊のFacebookページ
しおくま商店

Facebookページも宣伝
アクセスマップ
塩熊商店%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.814470,135.642114+(%E5%A1%A9%E7%86%8A%E5%95%86%E5%BA%97)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%34.814470%%135.642114%%14
枚方市駅と枚方公園駅の中間です。
こちらに参加しています。
↑ をクリックして頂けると
このブログにポイントが入り、
他の↑の関連のブログが
ご覧になれます。
よろしければ、クリックお願いします。
(1日、1クリックのみ有効です。)

最新記事
最新コメント
カテゴリー
日々是製作
刀 (2)
リンク
塩熊商店へのご連絡
メールはこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる