ばったり床机

こんにちは、塩熊商店のitoです。


塩熊のお店の前と、母屋の前には
ばったり床机があります。



母屋の前のばったり床机↓
ばったり床机1 のコピー



先日、大学生が授業のフィールドワークの課題で
塩熊のばったり床机を見に来てくれました。

佛大生6 

佛大生35 


たぶん枚方の大学の学生さんかなあと思っていたら、
なんと!パパさんと私の出身大学(京都)の
後輩なことが判明!
(パパさんは、学部も後輩)


教授から、枚方の歴史を調べる課題の中に
「塩熊のばったり床机を見てくるように」という
ものがあったようで、

京都の大学の教授が
枚方の塩熊にばったり床机があることを
ご存知なことが驚きでした




ばったり床机というのは
家に備え付けの、折りたたみ椅子のようなもので、
商家の軒先に多いようです。  

使用しない時は
このように、たためます。 ↓

ばったり床机過程 12psdのコピー 



塩熊新店舗のばったり床机は
昔使用していた床机の天板だけ残っていたものを
建具屋さんに足と回転、止め具を付けてもらったものです。 


建具屋のお兄さん達 ↓
足製作中11 3のコピー   


足ができた状態。
床机ーのコピー  



その後はペンキ屋さんに 机製作 2 でも使用した
「和さび」  さび六 を塗ってもらいました。

ばったり床机



塩熊ではこんな感じで商品を 置いたり、
梅やきゅうりを販売して重宝しています。
(写真は 五六市 の時のものです)


床机 


嫌がらずに、古いものを再利用して頂いた
工務店(前田組)さんの監督さんと建具屋さんのお兄さんに、
感謝です


便利なのももちろんですが、
思いがけず後輩にも会えましたし。


必要な時は台や椅子になって、
使用しない時は上げておけば
場所をとらないなんて、
本当に日本の昔の知恵はすごいなあ、と思います。


夏には前の公園を見ながら、
夕涼みなんてのも、いいですね (o^-^o)

ちょっと、夏が楽しみになってきました。







↓こちらに参加しています。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村













Trackback

Trackback URL
http://shiokuma21.blog69.fc2.com/tb.php/40-b33d468f

Comment

Comment Form
公開設定

しおくま商店

慶長5年(1600年)創業。
枚方のくらわんか茶碗、
レトロな雰囲気の雑貨、
また店名の由来にもなった
おいしいお塩も扱っております。

573-0051
大阪府枚方市三矢町3-21
tel 072-844-0301
fax 072-844-0389
E-mail shiokuma@skyblue.ocn.ne.jp
日・祝休み 土曜日不定休
第二日曜日 五六市の日はオープン
プロフィール

しおくま  いと

Author:しおくま いと
しおくま商店の“いと”です。
HNは大阪では商家の長女を「いと」と
呼ぶことが由来です。

↓塩熊のFacebookページ
しおくま商店

Facebookページも宣伝
アクセスマップ
塩熊商店%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.814470,135.642114+(%E5%A1%A9%E7%86%8A%E5%95%86%E5%BA%97)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%34.814470%%135.642114%%14
枚方市駅と枚方公園駅の中間です。
こちらに参加しています。
↑ をクリックして頂けると
このブログにポイントが入り、
他の↑の関連のブログが
ご覧になれます。
よろしければ、クリックお願いします。
(1日、1クリックのみ有効です。)

最新記事
最新コメント
カテゴリー
日々是製作
刀 (2)
リンク
塩熊商店へのご連絡
メールはこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる