生と死が交錯した日。

こんにちは、しおくま商店の“いと”です。

空2のコピー

数年前の六月の中旬、
義母がホスピスで亡くなってから3時間後、
産院で娘が産まれました。

息子しかいなかった義母は嫁の私達をかわいがってくださって、
初孫の誕生を心待ちにしていましたが
数時間の差で赤ちゃんの顔を見ることなく
天国へと行きました。

少しでも早く産まれる様にと
私はホスピスの階段を上がったり降りたりしたものです。

陣痛が来て産院へ行き、
「これでお義母さんに孫の顔を見せてあげられる」と思ったのに
父親に似て大きかった娘は骨盤でつっかえて出てこず
産院のベットの上で義母の訃報を聞きました。

仕事に出ていたパパさんはホスピスにかけつけて母親に対面したと思ったら、
私からの「病院で破水した」との電話で
今度は産院へ急行。

そのまま帝王切開になりました。

パパさんは事情を知った産婦人科のN先生の
「俺に任せとけ」の言葉が心強かったそうです。



あれから数年の月日が流れました。

娘が一つ年を重ねるたびに、優しかった義母を思います。

あまりに性格の違う二人には
生まれ変わりという言葉は似合いません。

でも、控えめだったけど寂しがり屋だった義母からの
「私の事を忘れないでね」というメッセージなのかなとも思ったりもします。



↓こちらに参加しています。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
にほんブログ村     にほんブログ村
↑ をクリックして頂けると、このブログにポイントが入り、 ブログ村の他のブログがご覧になれます。
よろしければ、クリックお願いします。
(1日、1クリックのみ有効です。どちらをクリックして頂いても、効果は同じです。)




Trackback

Trackback URL
http://shiokuma21.blog69.fc2.com/tb.php/231-91a1bb05

Comment

Comment Form
公開設定

しおくま商店

慶長5年(1600年)創業。
枚方のくらわんか茶碗、
レトロな雰囲気の雑貨、
また店名の由来にもなった
おいしいお塩も扱っております。

573-0051
大阪府枚方市三矢町3-21
tel 072-844-0301
fax 072-844-0389
E-mail shiokuma@skyblue.ocn.ne.jp
日・祝休み 土曜日不定休
第二日曜日 五六市の日はオープン
プロフィール

しおくま  いと

Author:しおくま いと
しおくま商店の“いと”です。
HNは大阪では商家の長女を「いと」と
呼ぶことが由来です。

↓塩熊のFacebookページ
しおくま商店

Facebookページも宣伝
アクセスマップ
塩熊商店%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.814470,135.642114+(%E5%A1%A9%E7%86%8A%E5%95%86%E5%BA%97)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%34.814470%%135.642114%%14
枚方市駅と枚方公園駅の中間です。
こちらに参加しています。
↑ をクリックして頂けると
このブログにポイントが入り、
他の↑の関連のブログが
ご覧になれます。
よろしければ、クリックお願いします。
(1日、1クリックのみ有効です。)

最新記事
最新コメント
カテゴリー
日々是製作
刀 (2)
リンク
塩熊商店へのご連絡
メールはこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる