靴箱さん  2

 さて、頂き物の靴箱。

塗膜を剥がすのに一苦労・・・。


ペーパー(紙やすり)でやすったら
大丈夫だろうと、タカをくくっていたら
荒い♯50でもなかなか歯が立たず(泣)


やはり油性ペンキは塗膜がしっかりしています。


277_convert_20110523102453.jpg


赤の部分がペーパーでやすったもの。

何度も塗り重ねて使用されていたので、
赤の下には白が覗いてます。

これでは、靴箱の塗膜を剥がす前に正月が来そうなので(本当に)
塗膜剥し剤の投入を決意!


が、これが悲劇を生むことに・・・・。


塗膜剥し剤(缶)を空けたとたん
「ぽん!」と音がして
一緒に作業していたスタッフさんが
「痛い!!!!」と叫びながら台所に駆け込んでいったのです!

幸い、目には入らず、おでこに溶剤が飛んだだけで
軽いやけどですんだのですが
他に飛んだ床もちょっと剥がれていて
「塗膜剥がし剤は、かなり危険・・・」
なことがわかり、そのままお蔵入りになりました。

よって、塩熊では塗膜剥がし剤はプロの方にのみの販売になりました。

これも、使ってみなければわかりませんでした・・・。
(正確には使ってませんけれど)


次に投入されたのは、グラインダー。
それにワイヤーカップ(たわしみたいなの)を付け
削っていきます。

DSCN1727_convert_20110523174452.jpg     278_convert_20110523102513.jpg 
マキタ(メーカー)から表彰されそうな年代もの(笑)
まさに紺屋の白袴。

これでガリガリ削っていきます。
早いですが、腕がしびれます・・・。

右の写真の皮スキ(スクレーパー・道に張り付いたガムを落とすときにも使用)も
使用します。


忍耐力との勝負!です。


DSCN1750_convert_20110523174506.jpg

やっと二週間でここまで来ました!

しかし、サイドが残っています(泣)

でも、この靴箱さん、かわいいので
もうちょっとみんなでがんばります。




↓クリックしていって下さると、嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 手作りインテリアへ
にほんブログ村

Trackback

Trackback URL
http://shiokuma21.blog69.fc2.com/tb.php/11-685d2631

Comment

Comment Form
公開設定

しおくま商店

慶長5年(1600年)創業。
枚方のくらわんか茶碗、
レトロな雰囲気の雑貨、
また店名の由来にもなった
おいしいお塩も扱っております。

573-0051
大阪府枚方市三矢町3-21
tel 072-844-0301
fax 072-844-0389
E-mail shiokuma@skyblue.ocn.ne.jp
日・祝休み 土曜日不定休
第二日曜日 五六市の日はオープン
プロフィール

しおくま  いと

Author:しおくま いと
しおくま商店の“いと”です。
HNは大阪では商家の長女を「いと」と
呼ぶことが由来です。

↓塩熊のFacebookページ
しおくま商店

Facebookページも宣伝
アクセスマップ
塩熊商店%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.814470,135.642114+(%E5%A1%A9%E7%86%8A%E5%95%86%E5%BA%97)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%34.814470%%135.642114%%14
枚方市駅と枚方公園駅の中間です。
こちらに参加しています。
↑ をクリックして頂けると
このブログにポイントが入り、
他の↑の関連のブログが
ご覧になれます。
よろしければ、クリックお願いします。
(1日、1クリックのみ有効です。)

最新記事
最新コメント
カテゴリー
日々是製作
刀 (2)
リンク
塩熊商店へのご連絡
メールはこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる