さびカラー  その後

こんにちは、塩熊商店のitoです。


さびカラー加工したクリップですが
ちょっと残念なことに・・・



錆びさせたのクリップで
椅子とチラシを留めていたのですが
錆びが他のものに移ってしまったのでした・・・・。


DSCN1849 - コピー 



DSCN1633_convert_20110602144851.jpg 

  
  これ以上、さびを移すわけにはいかない!
  ということで
  前回 「錆びちゃいました」で使用した
  ←ラッカースプレー クリア (つやなし)で
  加工することに。

  



ついでに、なにかに使えないかと残しておいた
投光器の網の部分にも加工。


DSCN1848.jpg
 DSCN1937_convert_20110613170010.jpg



クリップで一番さびが移るのが
くちばし(はさむ所)で


そこに重点的にスプレーの膜を作りたいので
クリップの口を板で挟んで
無理やり開けて、スプレー。

DSCN1852.jpg 

DSCN1850_convert_20110613160019.jpg 
    ↑反対からも、スプレー           
DSCN1853_convert_20110613160137.jpg 
これにもスプレー↑
溝でやると、やり易かったです。

外なので、換気も気にしなくて良いですし。

DSCN1855_convert_20110613161814.jpg 
     しばし、乾燥。


完成形がこちら↓ (網&クリップ)

DSCN1935_convert_20110613162446.jpg 


投光器の網は、クリップと一緒に
店頭でショップカード入れになってます。



投光器の網、
使い所があってよかったです♪






今回使用したもの
  
    ラッカースプレー  クリアー   ロックペイント    ¥441 




↓こちらに参加しています。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村







さびカラー  3

さびカラー、一液が定着したので、
二液を塗ってみます。


二液を塗る前はこんな感じ。

DSCN1764_convert_20110525111058.jpg  


  

大体一日置いて、
できあがりはこちら。

DSCN1789_convert_20110525111911.jpg  


加工前はこちら ↓

DSCN1758_convert_20110519163857.jpg       


思っていたより、きっちり錆びました。

錆っぽく見せるというよりは、

本当に錆びてます。


なかなか、いい雰囲気でてます♪



アンティーク風にみせたいもの に

塗るといいですね。


今回の教訓は、

「金属には、ミッチャクロンを塗ってから!」ですね。





今回使用したもの

     ミッチャクロン   スプレー  ¥1,554

     さびカラー   赤錆       ¥2,500






にほんブログ村 インテリアブログ 手作りインテリアへ
にほんブログ村

さびカラー2

さて、昨日のさびカラーの続きです。

昨日さびカラーを塗ったクリップ達がどうなっていたかというと・・・、



案の定、ステンレスがさびカラーの下地をはじいてしまって
ムラ付き状態・・・(泣)


こすったら取れちゃうし、
第一ぴかぴか部分とサビ部分が混在しているのもおかしいので
(サビがきているものって錆びてないとこでもくすんでいるので)
取れるとこは取って、ミッチャクロンをスプレーすることにしました。

何とかリカバーできるでしょうか!?

さびカラーをはじいちゃってるステンレス製品と、ミッチャクロンスプレー↓




ミッチャクロンは脚立のときにも書きましたが
下地が塗装に適さないものの時
(今回のステンレス製品、プラスチック製品、タイルもOKです)
塗ると上に塗る塗料をはじかなくさせるものです。

「塗料の定着を良くさせるもの」です。
(プライマーといいます。)

ミッチャクロンをまんべんなく、プシューー。
あいかわらず透明なので、塗れたかどうだかわかり難い・・・。
今回も塗りすぎたようで、
クリップが引っ付いてしまって開かなくなるというハプニングがありましたが(苦笑)
(力を入れてつまんだら、開いてくれました)
塗り終えました。


そして、昨日と同じようにさびカラーの下地を塗ってみると
なんと、きれいに塗れました!!↓

DSCN1764_convert_20110520121133.jpg

なんだか、下地だけでも古い感じがでて、いい雰囲気です。


これから、また24時間乾燥させて発光液を塗ります。


来週に続きます。


道のりは長いなあ・・・。







にほんブログ村 インテリアブログ 手作りインテリアへ

にほんブログ村

さびカラー  1

なんだか今日は暑いです・・。

これから梅雨が来るなんて信じられないです。
来月には、夏がやってきそうです(笑)


商品にクリップで説明書きを付けようとして
なんか、このクリップピカピカしてどうかなー、
と気になって急遽「さびカラー」を塗ることにしました。
(こういうことをしているので、なかなか店内が出来上がらないんですよねー(苦笑))

これがピカピカのコクヨのクリップ↓

DSCN1758_convert_20110519163857.jpg


「さびカラー」というのはなんでも錆びさせてしまうすごい塗料で
金属はもちろん、木や粘土にもさびを付けることが可能!だそうです。

だそうです、というのは塩熊ではまだ使用したことがないからなんです。

自分自身、ほんとに錆びるの!?と思っていまして、
お客様にお出しする前に一度チャレンジしたかったのです。

今回はグットタイミング!なので、挑戦してみます。



色は赤サビ、青サビ、黒サビなどさまざま。


建材というよりは、芸術関係の方が粘土細工をブロンズ像にみせたりするのに使用されるみたいです。

なので、建材屋さんより画材屋さんに置いてあると思います。

おそらく金属や木などそのものを腐食させるというよりは
塗膜を作ってその塗膜を錆びさせる、というものなんじゃないでしょうか。

でないと、粘土なんか錆びないし、
金属は腐食すると強度の問題もあるし。




これが「さびカラー」です↓

DSCN1754_convert_20110519162656.jpg


レトロなパッケージです。
そして、錆びさせる、という衝撃的な作用なのに水性なんですねー。
用具を水洗いできるので、ありがたいです。

今回使用するのは、赤サビ色。
鉄が錆びた感じにしたかったので。


開けると、二つ瓶が入っています。


DSCN1755_convert_20110519162838.jpg


左のグレーの液体から塗っていきます。
24時間して乾いたら、右の透明の発色剤を塗るという手順。

グレーの液体はびっくりするくらい下に固い黒い粉(鉄粉?)が溜まっていて
それを割り箸でかき混ぜて、塗っていきます。

すぐ沈殿してしまうので、筆を入れる前に混ぜて、という感じでしょうか。


DSCN1756_convert_20110519162718.jpg



塗ったらこんな状態になりました。
ステンレスに塗ったので、はじいちゃってます・・・・。


ちょっと心配・・・。


やはり、ミッチャクロンなどのプライマーを入れたほうがよかったのかなあ・・・。
こすったら取れたりして(汗)


まあ、とりあえず明日まで待たないと2液目が塗れないので、
今日はここまでです。


きっちりと定着してくれていますように・・・・。





にほんブログ村 インテリアブログ 手作りインテリアへ
にほんブログ村
しおくま商店

慶長5年(1600年)創業。
枚方のくらわんか茶碗、
レトロな雰囲気の雑貨、
また店名の由来にもなった
おいしいお塩も扱っております。

573-0051
大阪府枚方市三矢町3-21
tel 072-844-0301
fax 072-844-0389
E-mail shiokuma@skyblue.ocn.ne.jp
日・祝休み 土曜日不定休
第二日曜日 五六市の日はオープン
プロフィール

しおくま  いと

Author:しおくま いと
しおくま商店の“いと”です。
HNは大阪では商家の長女を「いと」と
呼ぶことが由来です。

↓塩熊のFacebookページ
しおくま商店

Facebookページも宣伝
アクセスマップ
塩熊商店%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.814470,135.642114+(%E5%A1%A9%E7%86%8A%E5%95%86%E5%BA%97)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%34.814470%%135.642114%%14
枚方市駅と枚方公園駅の中間です。
こちらに参加しています。
↑ をクリックして頂けると
このブログにポイントが入り、
他の↑の関連のブログが
ご覧になれます。
よろしければ、クリックお願いします。
(1日、1クリックのみ有効です。)

最新記事
最新コメント
カテゴリー
日々是製作
刀 (2)
リンク
塩熊商店へのご連絡
メールはこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる